テーマ:宮崎県の滝

小河内(こかわち)谷の滝マーク

宮崎県椎葉村大字松尾の岩屋戸の発電所の横を流れる小河内谷には二つの滝マークがあります。下流の滝マークの滝までは何とか行けそうだと訪問してみましたが、入谷ルートが分からずに、これも残念の滝になってしまいました。 村道?のヘアピンカーブの所にある堰堤を越えて行くのが正解のようですが、私は下降ポイントを探しながら上流へと村道を進みました。滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吐野々の滝(仮称) 下段

宮崎県椎葉村の小丸川上流に吐野々という集落が有り、本流に国土地理院の地図に滝マークが記されています。これもHP地学切手のページさんの情報で訪ねてみましたが、上段の滝までのルートが見つからずに、残念の滝となってしまいました。 吐野々の滝(仮称)の下段です。落差は4~5m程でしょう。 この下段のまでは比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念の滝

今回の椎葉村の滝巡りのメインはHP地学切手のページで紹介されている「小ヶ倉の滝(仮称)」が有る堺谷?を散策する事でした。この為に一泊二日で出かけましたが、初日の現場確認で堺谷トンネル工事で国道からは入る事が出来ません、村道?を登って行くと谷の中流部で川を渡りますが、そこから下降してまた登っていくのも今の体力では無理と判断し、諦めました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椎葉村の滝巡り

今回はHP地学切手のページで紹介されているまだ未訪問の滝を見るために宮崎県椎葉村を訪問してきました。結果から言うと、大半が残念の滝巡りとなってしまいましたが、その中で唯一見る事が出来た滝から紹介していきましょう。滝の名前はHP地学切手のページに従います。 最初は「直谷の滝(仮称)」です。この滝は以前「大谷川の滝」と仮称で呼ばれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十根川隧道の滝(仮称)

国道265号線の国見トンネルを越えて南下していくと、十根川対岸に鹿野遊(かなすび)という集落がある所に新しいトンネルと道が整備されていますが、旧道に入り進んで行くと十根川隧道が有り、その入口に落差は10mまでは有りませんが、ちょっと良い滝がありました。 ここで見えていない部分も落差が3m程あります。 上部を切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラ谷上流部の滝

椎葉村の荒河内滝を目指して国道388号線の大河内峠を越えて国道がヒラ谷に近づいた所で見つけた滝です。さほど道と川の高度差が無かったのが、突然深くなっていましたので車を停めて偵察。 滝の音が聞こえていましたので急斜面を下り滝とのご対面です。 総落差でも6~7mと思いますが、思いかけず見つけた滝は嬉しいですね! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唖谷(おしだに)の支流滝

HP地学切手のページさんの所で紹介されていましたので、ちょっと訪ねてみました。 上段部分もありますので総落差は10m以上はありそうです。 この滝への案内が難しい。どうしても地図の道と一致しません。国道327号線から塚原ダムの上流部にある赤い松尾新橋を渡り左折します。道なりに上流部に向かって進むとこんな小舟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道327号線から見える無名滝

毎度の事ですが、水が落ちていればお立ち寄り。そんな事をしているから目的地に、なかなかたどり着けません。前に宮崎県椎葉村の滝を見に行った時に、国道388号線から国道327号線に入って見て来た無名滝です。滝見屋さんも観光の人たちも無視するような小滝がほとんどですが、国道を走っているとこんな滝が在りますよ!という感じでご覧ください。何処で見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツヅラの滝(仮称) 再び

前回の滝巡りで、時間切れで正面から見る事が出来なかった宮崎県椎葉村のツヅラの滝(仮称)。 この滝を正面から見たいと、またまた椎葉村に出かけてきました。滝巡りってお金がかからない趣味だと思っている方はいませんか?私は九州の滝を重点的にまわっていますが、椎葉村まで行こうとすれば、高速料金・ガソリン代だけで1万円以上かかります。それを3~4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒河内滝

宮崎県椎葉村の一ツ瀬川支流のヒノクチ谷にある滝です。この滝の最上段は行く手を阻む大岩でなかなか行く事が出来ませんでしたが、今回なんとかルートを見つける事ができました。 最初は正規ルートからの姿です。車2台ほどを停められそうな駐車スペースから川に下る階段が整備されていますので、それを下ると3段の滝としての姿を見る事ができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツヅラの滝(仮称)

宮崎県椎葉村大字下福良のツヅラ集落の近くで見つけた滝です。 椎葉村から国道265号線を北上し国見トンネルの入り口付近に左に降りていく道があります。これを十根川に沿って上流に向かい約1.2km程の所で支流滝を見つけました。地図には川線も入っていない所ですが、水量もそこそこで良さそうな滝です。残念ながら正面から見る事は時間の関係で出来ませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大平の滝(仮称)

国道265号線を椎葉村に向かって南下していくと、宮崎県五ヶ瀬町大字鞍岡の太平と言う集落の近くに水が流れている所があり、ちょっと覗いてみると小滝が連続しているみたいです。 ちょっと位置を変えると更に滝は続いています。 三つ目の滝まではルートを選べば特に難しくは有りません。写真には写っていませんが、更に上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋敷の滝(仮称)

椎葉村を流れる奥村川には滝マークが付いた滝がありますが、ちょっと上流の屋敷集落手前の支流で落差は有りませんが、小滝が連続するちょっと素敵な所を見つけました。 林道を登って行くと最初の滝が見えてきます。 林道側からは降りるのは無理と言う感じです。 更に林道を登って行くと連瀑がドドーンと現れます。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中尾谷の滝(仮称)

HP地学切手のページの中で紹介されている滝です。椎葉村に行く事があれば、必ず見に行こうと決めていました。落差は10m程度と思いますが、水量もあり立派な滝です。この滝を見るために国道から中尾方面に向かう道に入ると上流にも滝のような姿が見えていましたが、堰堤でした。 地図です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑前滝

宮崎県椎葉村にある筑前滝と思われる滝を見て来たのですが、本当にこれで合っているのかな?という思いでなかなか紹介に至りませんでした。この滝を紹介しないと他に見て来た無名滝の紹介に入れませんので、こんな滝でしたと言う紹介です。 「平家の里 椎葉村の昔語り」という本では次のように紹介されています。 「筑前滝=椎葉村大字不土野字向山日当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな本を買いました

西日本新聞で椎葉村の昔ばなしを調査した本が有るとの記事が有り、さっそく予約して、今日届きました。 本の名前は「平家の里 椎葉村の昔語り 上巻昔ばなしの部」です。 まだ読み始めたばかりですが、第2話「筑前琵琶の起こり」の中で嬉しい滝情報が有りましたので紹介します。 昔ばなしの本文の中に「・・・・筑前滝ちゅうとが、あるとじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前を見て運転しましょう!

日之影町の滝を見終わっての帰り道。青雲橋のちょっと手前で滝らしきものが見えた感じ。今までここで滝を見た記憶は有りませんが、気になってUターン。そこで見た素敵な滝!ちゃんと前を見て運転しているつもりですが、いつもの癖で目が左右を見ているのでしょうね。 青雲橋の下のこんな案内板?が有る駐車スペースの奥にあります。 上部には観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い滝 見つけた!

国土地理院の地図を見ていると、戸の口集落と横藪集落の間に名前のない谷が有ります。 この谷は以前の訪問時に小滝を越えることが出来ずに、上流部に見えている滝をあきらめて帰ってきた谷ですが、今回は小河内谷を早々に切り上げてきましたので、時間はたっぷりありましたので再挑戦です。 上流に向かって右側(以下左右は上流に向かって)から川に降り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小河内谷

日之影川支流の小河内(おがわち)谷。 国土地理院の地図を見ていると、右俣と水線が無い本流に流れ込む支流に、30m超の滝が期待できる所があります。こんな谷なら遡行記録が検索できるはずと思いましたが、ヒットしたのは沢グルメさんのHPのイワナ釣紀行だけです。再来する旨の事が書かれていましたが、以降の記録に有りません。この水系に詳しいインヤン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴瀧

宮崎県高千穂町大字河内の熊野鳴瀧神社上宮にある滝です。滝が有る事は知っていましたが、歩きが大変そうなので今まで敬遠していました。今回は時間もありましたので、ちょっとお立ち寄り! お宮の入り口前は、道路に駐車スペースと思われるように広くなっていますので、そこに車を停めていざ出発! 鳥居です。 案内です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あららぎの滝

最初に訪問した高千穂町の滝は、滝見屋の皆さんが「神都高千穂大橋の滝(仮称)」として紹介されている滝です。 この滝に正式名称は無いのかな?高千穂峡を検索すると、多くの旅行会社の案内に次の文章が有ります。 「峡谷には、玉垂の滝・真名井の滝・あららぎの滝などがあり、新緑と紅葉の頃は特に美しい。」 玉垂の滝・真名井の滝は皆さんご存知の滝で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩底川の滝

宮崎県高千穂町と日之影町の境界を流れる秋元川に沿って県道205号線を進んで行くと、上栃の木の集落の所で一の瀬川に沿って行く林道?が有ります。林道に入るとすぐに不動の瀬川(国土地理院地図の川の名前)が有り、道路から100mほど川を上った所に有る滝です。 落差7m程と思いますが、これも滝レーダーが反応して、ちょっと無理をした滝です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蛇ヶ淵の滝

宮崎県高千穂町を流れる神代川が五ヶ瀬川に一気に落ちている滝です。 滝の名前は宮崎県のHP「みやざきの環境」を採用させて頂きました。 この滝へのルートがよく分からなかったので歩いて行きましたが、車で降りていく事は可能のようです。 青葉大橋を渡り西に進むと「白山北小」が有りますので、そこから降り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂谷の滝

土呂久川の左又は本流で栂谷と呼ばれているようですが、ここに有る滝も名前がはっきりしません。 土呂久滝・栂谷大滝・おとろし淵等ですが、土呂久川に有る滝なので土呂久滝が一番しっくりしますが、名前を確定できないので、栂谷に有る滝という事で紹介しましょう。 土呂久橋を渡ると障子岳の登山口が有りますので、登山道を100m程進むと滝とご対面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土々呂

土呂久川の上流にある滝マーク。この滝の名前がなかなか決められません。 土々呂滝・惣見の滝等で紹介されていますが、宮崎県の公的なHP「みやざきの環境」に「土々呂」と「滝」が付かない名前で紹介されていましたので、これを採用します。 土呂久川は土呂久林道に有る土呂久橋の下流で二又に分かれ、左俣が栂谷でこちらが本流でしょう。土呂久橋から西側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追川 支流滝

宮崎県日之影町の県道209号線に沿って流れる追川には水量は少ないものの、落差が有る支流滝を幾つか見る事が出来ます。 取水場のすぐ上流で見られる支流滝です。 デジ亀2台で写しましたが、時間が合っていないので順番は前後するかもしれません。 次です。 次です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追川 堰堤の上流部

宮崎県日之影町の県道209号線に沿って流れる追川は、前に紹介した取水場を過ぎると、平坦な川になりますが、芭蕉の元地区を過ぎた所にある堰堤の上流部は一転して小滝の連続帯となります。 県道から木々の隙間から微かに見える姿は、小滝と深く大きな渕ばかり。延々と連続しているようですが、残念ながら木々が邪魔して写真を写すことが出来ません。そんな中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追川 取水場付近

宮崎県日之影町の県道209号線に沿って流れる追川ですが、この川がちょっと凄いです!そんな訳で屋久島の滝を紹介している途中ですが、割り込んで紹介します。 県道に入り約1km進んだ所に取水場が有りますが、元々8m程の滝をコンクリートで塞いで取水口を作ったみたいです。 この滝つぼから更に3~5mの滝となって落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松尾の夫婦滝(仮称)

宮崎県木城町を流れる小丸川の松尾ダム。地図を見るとダムのすぐ上流部で県道22号線がヘアピンみたいなカーブになっている所が有ります。ここでちょっと良い滝を見てきました。 小さな堰堤を乗り越えて支流を登って行きます。(川に降りる時はロープが必要です) 倒木がちょっとお邪魔です。 更に進むと奥に滝が見えてきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍谷橋の滝(仮称)

宮崎県木城町を流れる小丸川の支流に有る滝です。 確か、県道22号線を北上し、鹿遊(かなすみ)にある発電所のすぐ上流部に有ったと思います。 滝が見える所までは、草に覆われていますが、ちゃんとした道が有ります。 落差は10mまでは無いと思います。 橋から下流を覗くと、滝になって小丸川に落ちているのが分かります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more