ハナタデ

あいも変わらずタデの花です。

画像


ここで間違いやすいタデの区別の仕方をおさらいしておきましょう。

花の咲始めで間違いやすいのが、ハナタデとイヌタデです。どちらも花がまばらに付きますが、イヌタデだけの特徴である花序におケケが有るか無いかで区別できます。

ハナタデです。短いおケケが有りますが、普通に見た目では分かりません。

画像


イヌタデです。すぐに分かるようなおケケが有ります。このおケケは果実になっても残りますので、オオイヌタデやサナエタデとの区別に役立ちます。

画像


ハナタデのさや状托葉です。イヌタデと同じように先に長い毛があります。

画像


果実が出来ても、ハナタデはイヌタデのような房状にはならないので、区別は出来ます。花がまばらに付くヤナギタデやボントクタデと違い、花序が垂れないので間違うことは無いでしょう。

画像


葉っぱです。
葉っぱの特徴として、「葉先が急に細まる」や「黒い斑紋がある」と書かれていますが、ぱっと見じゃ分からないことがあります。

画像


葉の表面には「剛毛がある」と言われていますが、どの程度が剛毛なのかはフィールドでは分かりませんよね。

画像


色々な特徴が有りますが、花序がピンと垂れていなくて、おケケが無ければハナタデに間違いありません。


"ハナタデ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント