ミゾソバ(白花)

画像
今回の旅では花を無視しようと思っていたのですが、この子を見つけたら無視できませんでした。写真を写しているとアッと言う間に一時間が過ぎていました。滝巡り一つ分の時間ですが、後悔はありません。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2005年09月20日 06:00
こんにちは。月見の夜にはぴったりの花見ですね。やはり花がないと役者が揃わないので、立ち寄りは正解だったことでしょう。いい夢をみられてご満足な様子がうかがわれます。
2005年09月20日 08:46
ぽんぽこさん おはようございます。
ヤマミゾソバかもしれませんね。^^
識別点は,ヤマミゾソバでは,牛の額型の葉がやや細長く,中央部分のくびれが強いことのようです。
ミゾソバの葉では,縦と横の比率がそんなにかけはなれていないので幅広のように見えるし,葉の中央部分がくびれたような感じにはなっていなくて,単に3裂しているような感じに見えるだけですよね。
なお,先日,北茨城にある山の中の湿原に行ってみたら,ヤマミゾソバでもピンクの花を咲かせるものがあるのを見つけました。^^
私です
2005年09月22日 20:49
目黒のおじいちゃんさん。この子も可愛いでしょ!タデの花を探しに行きましょう!!
私です
2005年09月22日 21:03
電脳中年Aさん。コメントへの返事が遅れています。ミゾソバと同じような花で、オオミゾソバもあります。こちらは葉の付け根に托葉鞘があり、明らかに違いが分かるのですが、ミゾソバの変種として同種としてあつかう方向もあるようです。ヤマミゾソバになると、葉の形が僅かに違うだけで、ミゾソバの同じ株の中でも同様の差の葉が見られます。また、ミゾソバが生育する場所にしか生えないとの記述もあるようなので、DNAレベルの差は分かりませんが、同じものと見ていいのではないかと考えています。
あとで、この花の葉ではありませんが、別の場所で写したミゾソバの葉を追加しておきます。
2005年09月22日 22:03
ぽんぽこさん こんばんは。
オオミゾソバというのは知りませんでした。Web上の写真を観たら,オオミゾソバは,サデクサと同じような皿状の托葉鞘がついているんですね。こんど探してみます。^^;
私のHPの「日本の野草2005年」にあるヤマミゾソバの写真を追加しました。托葉鞘の形を見る限りでは,ミゾソバと同じように筒状で縁に毛が生えていますので,ヤマミゾソバはミゾソバの変種と考えてよいのでしょうね。図鑑上でもヤマミゾソバはミゾソバの変種だと書いてありますね。^^
ちなみに,今回も同じ湿原で撮影してきたのですが,同じ湿原内に普通のミゾソバも混在していました。