ツアー2日目 黒部湖遊覧

黒部湖の遊覧船「ガルベ」からの景色です。ここまでに写真を写しすぎて電池切れの恐れが出てきました。そんな訳で、後からPCに取り込めばいいと思い、タブレットで大半を写してきたのですが、写真の取り込みが出来ない状況です。 タブレットで写した写真は、取り込みが出来たら追加したいと思いますが、取り急ぎデジ亀で写していた写真を掲載しましょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツアー2日目 黒部ダムからの景色

黒部ダムからの景色です。紅葉と雪山が素敵でした! ダムの放水は10月15日で終了との事。残念!! 山に明るさを合わせると紅葉が暗くなり、紅葉に合わせると山が飛んでしまいます。難しいですね。 この後は、遊覧船「ガルベ」で黒部湖の周回観光で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツアー2日目 ホテル~扇沢

ツアー2日目は黒部・立山アルペンルートをゆっくり見て回るという企画です。天気は上々!初日は写真を写したい所も無く過ぎてしまいましたが、ここからは写真をたくさん写してきましたので、観光ポイントごとに見て来た風景を掲載していきましょう。 こんなホテルに泊まっていました。 ホテルの周りは紅葉の「さんぽ道」。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツアー初日

10月23日から25日の2泊3日で「北アルプス新穂高ロープウェイと駒ケ岳ロープウェイで千畳敷カールへ!」のツアーに参加してきました。 台風は通り過ぎていましたが、名古屋行きの飛行機は1時間遅れで出発しました。この1時間遅れが後の行程でラッキーになってきます。 初日の予定は「駒ケ岳ロープウェイで千畳敷カール」です。1時間遅れで昼食会場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕日の滝

宮若市脇田平原の県道21号線沿いに有る「御休み処 朝日」の所から登って行く西山登山口。ここに滝がある事は分かっているのですが、普段は濡れた岩?みたいな姿です。数日降り続いた雨。もしかしたら滝になっているかも?と、出かけてみました。 見事な二段の滝を見る事が出来ました。 落差は上下段共に4mぐらいの感じです。総落差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミゾソバを考える(花 その1)

ミゾソバの花芽がどのように分化していくか、観察したことがありますか? 可愛い花の写真を写すことは有っても、観察なんてやんないですよね?幸い我が家にはミゾソバが咲いていますので、花がどんな順で咲いていくのか見てみましょう。 花芽が出来た所です。 専門用語が分かりませんので、私独自の言葉で説明していきます。 花芽が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミゾソバを考える(葉 その1)

ミゾソバが大好きな私ですが、未だにミゾソバの区分が出来ずにいます。 ミゾソバは、ミゾソバ・ニシミゾソバ・コミゾソバ・ヤマミゾソバ・ヒカゲミゾソバ・オオミゾソバに分けられているとの事ですが、その特徴は検索等で見ていますが、100%これだ!というミゾソバに出合っていないような気がします。オオミゾソバ?と思っても、その特徴として書かれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五夜

中秋の名月の日ですね。満月までは少し早いようですが、見た目は真ん丸です。十五夜と満月が一致するのは4年後との事です。でも、これから天気は崩れていく予報。今の内に写しておきましょう。 普通に写せばこんな感じ。 コンデジの800万画素数での限界はここまでかな? 秋と言えば、稲刈りが終わりました。夏の晴天続きで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオミゾソバ かな?

ミゾソバについては、大きな画素数を使う事も有りますので、「花」の紹介以外はこちらのブログで紹介していきたいと思います。 多くのミゾソバの分類については、愛知教育大学の論文が基礎になっているようです。ネットでは「秋季の環境指標植物開発に関する研究(以下、指標植物の研究と書きます。)」で見る事が出来ますが、愛知みどりの会が発行している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解散総選挙に思う

安倍総理が何を考えているのか分かりませんが、解散総選挙になんの意味が有るのかな? 一つは安倍さんの任期が伸びて独裁政権を維持する事かな? ただ、総選挙を行うには500~800億円の税金が必要との事です。そんな税金を使う余地が有るのなら、福祉や高齢者問題・少子化問題・働き方問題につぎ込めないのかな? このまま解散総選挙が行われれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬鳴川上流部の滝

犬鳴の滝を後にして、旧犬鳴トンネルへの道を上流に進むと右手から落ちてくる「やんちゃ坊主の滝」があります。落差も10m以上は有りそうな感じです。普段は水の流れは無く、ちょっと湿った岩肌です。 旧道を更に進むと林道との分岐点が有ります。 林道を登って行くと、ちょっと良い滝に出会いました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬鳴の滝

宮若市の犬鳴山に第一から第三までの犬鳴の滝があるとされていますが、どうしても特定できませんので、再度訪問してみました。 宮若市側の新犬鳴トンネルの入り口から延びている旧道を進んで行くと、こんな標識があります。 ここが権七谷コースの入口になります。 入口からはこんな滝が見えています。 この滝の上部(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮎回の滝?

筑前国続風土記の中に滝の紹介があり、一番に次のような記載があります。 西畑 那珂郡西畑村。高二間許。下に小淵有。 また西畑村の紹介では、 此村より別所まで十餘町あり。其間は山あひの谷なり、清流激湍多しておもしろき佳景なり。就中鮎回とて高二間許の瀧あり。 よく通る道ですが、ここで滝を見た記憶が有りません。そんな訳で確認に出かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六ヶ岳で見つけた滝

宮若市・直方市・鞍手町の境界にある六ヶ岳。ここに名前が付いた滝があるとの事なので訪ねてみましたが、残念ながら見つける事は出来ませんでした。でも宮若市側の登山口から林道?を進んだ所で、水量さえあれば見ごたえのある滝になるだろうな?という所を見つけました。 県道からの入口は最後に添付します。 林道には数か所の駐車場所が有りますが、こんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀弁 ラジオ体操

テレビで佐賀弁ラジオ体操の一部が放送されていましたので、検索して見てみました。 佐賀県特有の方言も有りますが、九州(北部?)独特の発音が面白いですね! 最初に大笑いしたのは「背伸び」です。今は少なくなりましたが、「せ」は「しぇ」と発音するんですね。「しぇのび」がツボにはまってしまいました。同様に「先生」を「しぇんしぇい」と言っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬鳴の滝は何処?

犬鳴の滝と言えば、犬鳴山の藤七谷ルートから見えている滝と言うのが一般的ですが、筑前国続風土記には次のように書かれています。 「脇田より数町西に行けば、犬鳴の瀧あり。其瀧かさなれり。小流也。峠より東の方にあり。脇田村に属せり。」 脇田より数町という事は200~300mとなりますが、脇田温泉を基準とするとそこには滝は有りません。 脇田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑風の滝

緑風の滝は以前に訪問していましたが、「若宮・宮田を中心とする犬鳴川流域の滝群」のHPに書かれているデータと一致しません。そんな訳でちょっと上流部まで散策して見ました。 同HPに書かれている情報です。 第一緑風の滝 落差9m 分岐瀑 一部公認 少し危険 第二緑風の滝 落差15m 渓流瀑 一部公認 安全 第三緑風の滝 落差15m 渓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙見の滝

宗像市吉武地区安ノ倉の県道87号線からちょっと入った所に有る滝です。 二段の滝になっていて、下段は落差2m弱とのこと。 上段は4m弱とのことですが3mぐらいかな? 滝の案内です。 滝へのルートです。 県道からこんな道に入ります。 そのまま進むと案内板に到着で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more