病院に行ってみた

前にも書きましたが、この頃体の異常が普通ではありません。
足の痛みが少し和らいだので、胃痛と下痢について内科で診察を受けました。
1日目は元医院長の年寄先生の問診です。大病院には無い昔からの地元のかかりつけのお医者さんという感じで、パソコンと向かい合うことなく、私の様々な症状を聞き出していきます。専門医がそろっている大きな病院の方が良いと勝手に思っていましたが、患者一人一人の全体をみて、現在の症状を見て行くのでしょうね。検査はエコー検査でした。結果は肝臓が肥大し周りに水泡が有るとの事。
2日目は現医院長の若先生です。検査は胃の内視鏡検査とエコー検査です。年寄先生の問診結果を読みながら検査に入りました。さすが色々な大病院で経験を積んできた若先生です。内視鏡検査はゲーゲー言いながらも大きな苦痛も無く終了。でも、自分の内臓を見ながらの検査というのは気持ちいいものではありません。これで見つかったのは十二指腸潰瘍。これが胃痛の原因だろうという事。でも治りかけているのでお薬で何とかなるとの事でした。ついでにピロリ菌の検査もしておきましょうとの事。
続いてエコー検査。若先生の健診結果は肝硬変の疑いが有るとの事です。下痢もこれから来ているかもしれないとのです。そこで肝臓の専門医が居る日赤病院への紹介状を書きましょうとの事でした。
家に帰り肝硬変で現れる症状を調べてみると、思い当たる症状が次々と出てきました。昔からγ-GTPが正常値内になった事が無い私です。

胃痛は十二指腸潰瘍に対応したお薬で今は痛みがほとんど無くなりました。このおかげで眠れなかった夜も1時間ぐらいは連続で眠れるようになりました。でも、下痢が襲ってくるので安眠とという訳ではありませんが、2日間続いた不眠に比べると、ずいぶん楽になっています。

もう一つ残っているのが手足の攣りです。これは以前の検査入院でカルシュウム不足という結果でした。今まで治まっていたのですが、この症状が出始めてから、再び手足の攣りの症状が出始めています。これも肝臓の症状が改善すると無くなるのかな??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック