椎葉村の滝巡り

今回はHP地学切手のページで紹介されているまだ未訪問の滝を見るために宮崎県椎葉村を訪問してきました。結果から言うと、大半が残念の滝巡りとなってしまいましたが、その中で唯一見る事が出来た滝から紹介していきましょう。滝の名前はHP地学切手のページに従います。

最初は「直谷の滝(仮称)」です。この滝は以前「大谷川の滝」と仮称で呼ばれていた滝の上流にある滝で、林道を登れば比較的簡単に行く事が出来ます。
「大谷川の滝」は現在「大谷の滝」と呼ばれているそうです。正面から見る事が出来るとの事ですが下降ポイントが見つからず、橋から微かに見えている姿です。
以前の橋からの姿は下記をご覧ください。
http://ponpoko.at.webry.info/200711/article_25.html

画像


画像


大谷川に有る2つ目の堰堤までは林道を300m程真っすぐに登って行くと到着します。
川への下降ポイントです。

画像


川に降りるとすぐに「直谷の滝(仮称)」が見えてきます。徐々に近づいていきましょう。

画像


画像


画像


本滝の落差は10mまでは無さそうですが、今回の訪問時は幾条の流れが素敵でした。

画像


滝までのルートです。国道388号線と265号線が一つになって板谷川谷に沿っている所に、国土地理院の地図で一つだけ支流が記されています。これが橋の名前で大谷川です。
国道を人吉方面向きに少し登るとこんなスペースが有ります。たぶん貯木場でしょう。使われていないときはここに車を停めるといいでしょう。

画像


ここに車を停めて国道を少し登ると林道の入口です。

画像


この林道を登って行くと2つ目の堰堤への降り口に到着します。

画像


画像


車で行けそうですが、大きな石が転がっていますので歩いて登る事をお勧めします。

大谷川の橋の位置です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック