矢谷の滝群

ぱるさんのHPで熊本県山鹿市菊鹿町矢谷にある矢谷渓谷に名前が有る滝を紹介されていましたので訪問してみました。

男滝です。落差は7~8mかな?

画像


画像


この滝は更に2m程の落差で落ちていきます。

画像


次に現れるのが女滝です。落差は3mぐらいかな?

画像


画像


子滝です。落差は2mも無いかも?

画像


それぞれの滝の案内です。

画像


画像


画像


このように登山道に沿って滝の案内が有りますので、名前を持った滝として良いでしょう。
さて、この滝群で気になるのが、最下流に在る落差2mにも満たない小滝です。

画像


小さな滝にしては滝つぼが大きく発達しています。もしかしたら、ここが滝群の始まりで、ここに10~20m程の直瀑の滝があり数百年・数千年・数万年の年月で徐々に後退していったのではないかな?そして男滝の下流にある小滝で一旦後退をやめて滝つぼを造り、その後更に後退して現在の姿になったのではないかと想像しています。こんな事を考えるのも楽しいですね!

この滝へのルートですが、矢谷渓谷の案内に従い県道9号線を進みます。矢谷渓谷キャンプ場の案内を過ぎてしばらく進むとこんな案内が有ります。

画像


ここを右折して、しばらく進むと八方ヶ岳林道の案内がありますので左折します。

画像


百数十メートル進むと沢コースの登山口です。

画像


駐車スペースは所々に有りますが、休日は混み合っているようです。

登山口の位置です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック