県道70号線の滝

福岡県八女市上陽町上横山にある納又滝を目指して、田主丸から県道70号線でかんかけ峠を越えて行きました。
田主丸側で最初に出合うのは花生瀧です。

画像


この滝は案内が有りますので、すぐに分かりますが、滝への道は所々崩れています。

画像


次に現れるのが第16カーブ標識を過ぎた所に、こんな所が見えてきます。

画像


この小堰堤に水が流れていれば、奥で立派な滝を見る事ができます。

画像


画像


かんかけ峠を過ぎて、かんかけ峠10カーブと11カーブの中ほどで、こんな小滝を見つけました。

画像


画像


そして納又滝へと向かいます。今はトイレ付駐車場が整備されています。

画像


この滝がある滝の宮の案内を見てみましょう。

画像


画像


納又滝という案内は有りません。文章の中ほどには「滝壺の岩は懐良親王の姿岩と呼称され、男滝(おたき)として有名になった。」と書かれていますので、本来は男滝だったのでしょう。
懐良親王の姿岩がはっきりと分かります。まるで滝行をしているみたいですね。

画像


気になるのが落差です。14~18mと色々書かれていますが、上段部分を入れても10m程度にしか見えません。(私の見た目です)
上段・中段までは見えていますので、更に滝が続いているかもしれません。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック