福岡 あるある

今日、ラジオを聴いていると「福岡 あるある」という特集をやっていました。そんな中で肉まん(豚まん)に酢醤油を付けるのは福岡(九州?)だけとの事。福岡では当たり前の事が、全国区では稀なことが沢山あるんですね。
他県の人たちが福岡市という九州を代表する市の、私の住んでいる所から感じる「あるある」を少しづつ書き綴っていきましょう。

1、福岡と博多
 農産物等の福岡県のブランドには「博多〇〇」とされて全国展開しています。その第一号は「博多万能ねぎ」だと思いますが、これは福岡市では無く朝倉が空飛ぶネギとして関東方面に売り込んだもの。
 福岡と博多は那珂川を境に西が福岡、東が博多と思って頂いて概ね間違いは無いでしょう。私は生まれも育ちも西側なので、旅行に行って「どちらから来られましたか?」と聞かれると「福岡からです。」と答えますが、県外だと福岡県か福岡市か分かりませんので、「福岡のどちら?」と聞かれます。答えは「福岡市からです。」 でも東側の人たちは「博多から」と答えますので、一言で終わるんですね。めんどくさいですが、「博多」と言いたくないんです。

2、博多祇園山笠と博多港祭りどんたく
 福岡市を代表する二つのお祭りですが、たぶん福岡市の人たちの関係者以外は、ほとんど見に行っていないんじゃないかな?

3.ラーメンの事
 福岡のラーメンと言えば豚骨ラーメン。全国的に有名な「一蘭」や「一風堂」。このラーメンを私の周りで美味しいと言う人は一人もいません。「まずい!」が7割、「食べたことが無い」が3割程度でしょうか?食べたことがある人は二度と食べないと言います。何故かな?と考えたのですが、私の世代は化学調味料で味付けされたラーメンに舌がなじんでしまっているのでしょうね。
 ラーメンには「紅ショウガ」。これは福岡では普通なんですが、他県ではありえないんでしょうね。今では豚骨ラーメンが全国的に広がって、それも有となっているかもしれませんが、私が大学生の頃、豚骨のカップラーメンに福岡では紅ショウガが入っているのに、東京では入っていないと驚いたものです。
 「替え玉」も豚骨ラーメンの広がりと共に、今は受け入れられている事でしょう。替え玉と合わせてテーブルに有るのが、「スープ」です。替え玉で味が薄くなったら好みで調整してくださいという事です。
 ラーメンはご飯のおかずです。福岡のラーメン屋さんのメニューは色々ありますが、「ラーメンライス」は必ずあります。ラーメンとご飯とお漬物(主に沢庵)のセットです。
 昔からの普通のラーメン屋さんには、紅ショウガ・芥子高菜・ゴマ・ネギのトッピング素材が、全てもしくは一部が置いてあります。そんなのを入れたら、お店の味じゃなくなるだろうと言いたくなるかもしれませんが、それが当たり前です。

4.インスタントラーメンの事
 福岡の人たちは、「うまかっちゃん」や「マルタイ棒ラーメン」が全国どこでも普通に売っていると思っているようです。九州以外でも探せば売っているのでしょうが、福岡みたいにどこでも買えるという状況では無いようです。でも今はネット通販で何処にいても簡単に手に入る時代なので、問題は無いかな?
 カップラーメンで食べ飽きないのはサンポーの「焼豚ラーメン」かな?

5.方言の事
 福岡の多くの人たちは、普通に使っている博多弁の一部を標準語と思っています。これを語りだすとキリが有りませんので、そういう傾向があるとだけしておきましょう。
 私が大学生で東京にいた頃は、ほぼ標準語で話をしていましたが、一つだけ標準語に替える事が出来なかったのが「そうつく」でした。この言葉の微妙な雰囲気を標準語に替える事が出来ませんでした。(簡単に訳すと「ブラブラしている。」なんですが、ちょっと違うんですよね。)
 それと他県から見ると、福岡県の人は博多弁で話していると思われがちですが、福岡市周辺・北九州市周辺・筑豊地方・県南地域の言葉は一部共通する所は有りますが、全く違う言葉です。特に筑豊・県南の人たちの会話は私にはまったく理解できません。また、福岡市内でも、旧糸島郡の糸島弁、旧早良区の早良弁などの微妙に理解できない言葉があります。

6.大都会?
 昔の歌で、クリスタルキングの「大都会」という歌がありますが、この大都会が福岡市だという事は、あまり知られていません。私も何かの放送でその事を知るまでは、東京だと思っていました。

7.よく言われるあるある
 ①体育や運動会で立ったり座ったりする時の掛け声は「ヤー」と言う。
 ②体育の時、駆け足から止まる時は「1・2・3・4・5」の声かけで止まる。
 ③車がすれ違う事を「離合」と言い。これは全国共通だと思っている。でも関西ぐらいまでは通じるらしい?(私のブログでも時々使っています。)

8.ゴミの回収
 福岡市では夜間のゴミ回収(粗大ゴミ以外)が普通です。指定日の寝る前に家の前にゴミ袋に入れて出しておくと夜中に回収してくれます。テレビなんかで朝ゴミ出しをするシーンを見て、違和感を感じているのは福岡人だけなのかな?

9.うどんの事
 福岡がうどん発祥の地というのは福岡の常識です。そしてラーメン屋さんと同数かそれ以上のお店が有り、それぞれにお好みのチェーン店があります。一般的には、「牧のうどん」「こまどりうどん」「ウエスト」かな?
 この中の「牧のうどん」を始めて食べると驚きますよ!まずテーブルにつゆが入った薬缶が置かれています。何かな?と思いますが食べていくと分かります。いくら食べても麺が減らないんです。麺がつゆを吸って太くなっていくんです。だから途中でつゆの追加が必要になってきます。
 トッピングの具ですが、「ごぼう天うどん」は福岡だけらしいですね。それと「まる天うどん」の「まる天」とは魚のすり身を円形にして油で揚げた練り物なので天ぷらやかき揚げとは違う事に注意してください。

10.博多銘菓
 駅等で売られている昔からの博多銘菓。これらの多くは飯塚などの炭鉱由来のお菓子です。それと東京の方に注意です。東京銘菓としてお土産に「ひよこ」を持って行くと白い目で見られますよ。「ひよこ」は福岡と東京の両都市の銘菓ですが、元祖は福岡です。
 それとテレビCMですが、30年以上の前のものが今でも流れています。(にわかせんぺい・雪うさぎ・博多の人 等々)

11.どこ中(ちゅう)?
 初対面の人に「どこ中?(どこの中学校出身なの?)」と聞くのは福岡の人間だけ?

12.焼き鳥屋の事
 多くの焼き鳥屋さんの一番人気は「豚ばら」です。そしてキャベツに酢醤油をかけた皿に盛って焼き鳥が出てきます。そしてキャベツのお変わりは自由です。

13.西鉄バス
 西鉄バスはバスの保有台数が日本一との事です。そして他県では信じられない事ですが、都市高速が路線の一部で、お客が立った状態でも都市高速を走っています。
 それとバス停での整列乗車は行われていません。待っている人それぞれの行き先が違うため、並ぶ意味が無いんですね。
 バスの乗降は「中乗り」「前降り」です。(これは下車場所によって運賃が違う所では普通の事で、東京等の大都市で何処で降りても同一運賃というのが変と言っていいかな?)

14.西鉄電車
 西鉄電車は「福岡天神」と「大牟田」をつなぐ電車です。普通・急行・特急がありますが、急行や特急料金は取られません。それと合わせて指定席も有りません。福岡県人の多くは私鉄には特急料金は無いと思っています。
 それとJRと競合する区間の料金はJRよりも安く設定されているらしいです。

15.朝補習
 通常の授業前の朝補習。私も高校時代は早朝に起きて受けていましたので、普通の事と思っていましたが、他県では行われていないそうですね?

16.芥子明太子
 福岡のお土産の定番ですが、ふつうの家庭ではあまり食べていないんじゃないかな?我が家は何かのお土産でもらった時ぐらいです。昔は安かったのでおかずの定番でしたが、今では超高価な食品になっていますので、買って食べようという気にはなりません。

17.空港の近さ
 初めて飛行機で旅行した時に感じるのは空港と都市中心部の遠さです。福岡市ならば天神や博多駅から地下鉄でアッと言う間に到着します。それと空港が近いためにちょうど我が家の上空で飛行機は着陸するための旋回を行っています。昔の話ですが叔父の嫁さんが静岡から福岡に来て、飛行機があまりにも近くに見えるので怖いと言っていました。

18.バリ
 ラーメンの麺の硬さを「バリ硬」などと、「凄く」や後に続く言葉を強調するとような意味で使われていますが、この「バリ」は元々から有る博多弁では無いと思われます。昔のラーメン屋さんは「やわ」「普通」「かた」の3種類でしたが、かた麺よりも硬い麺の需要が出てきて何と呼ぼうか?という中で、どこかの地域で使われていた「バリ」が使われ始めたのではないかと推測されます。でも、今では福岡の一般的な言葉として使われていますので、文句は言いませんけど・・・。

19.救急車
 市町村の消防署が使用する救急車ですが、福岡市の現役救急車の29台中11台が寄付によるものとニュースで言っていました。これって日本一だそうです。ちょっと自慢かな?

20.車の運転
 他県から見ると、福岡県の運転マナーに危険を感じるそうです。特に信号ですが、「黄色」は早く進めと思っている感があります。赤になってもどんどん突っ込んできます。それが当たり前のことなので、特に問題なく運転していますが、他県から見たら怖いでしょうね。滝巡りで九州各県を車で回っていますが、大分県と宮崎県は私にとって危険な運転をしていると、いつも感じています。そこそこに「これが普通」という暗黙の了解が有るのでしょうね。

21.夫婦関係
 九州男児や博多っ子などと外面的には男が威張っているように見えますが、家庭の中では奥さんの手のひらの上で、操作されているだけと言うのが、一般的な夫婦関係かな?奥さんが居なければ家庭の事は何も出来ないのが福岡の旦那です。

22.宴会やコンパの時の女性
 鍋や料理の取り分けを女性がやってくれるのが一般的です。他の大都市では女性はお姫様で、男性が動くと聞いたことがあります。そんな差がありますので、福岡の女性が上京して宴会やコンパに出席して、当たり前のように料理の取り分けをする姿を見て一目ぼれするそうです。

23.暴力団あるある
 「福岡 あるある」で検索すると暴力団からみの「あるある」が多数掲載されていますが、概ね北九州市周辺と考えていいと思います。福岡市も中洲という大歓楽街を持っていますので、無いとは言いませんが、私の身の回りではほとんどありません。

24.タクシー
 これは福岡と東京の違いかもしれませんが、流しのタクシーで、車の上に取り付けられた社名(グループ名)が書かれたランプがついているのが乗客待ちで、消えている場合は乗客中です。

25.観光名所
 福岡市には観光客に誇れる観光名所がほとんどありません。そんな訳で観光客から「どこかに観光名所がありますか?」と尋ねられると「太宰府」と言ってしまいます。

26.行列
 よく「行列ができる美味しい店」などが紹介されますが、福岡の人間は基本的に並んで待って食べるという習慣はありません。(今の若い人は別かな?) 何故かというと何処で食べても、そこそこ美味しいからなんですね。特にラーメン屋さんや居酒屋さんはその傾向が強いようです。

27.勝った・負けた
 朝一番の会話で「勝ったね!・負けたね!」と言うのは、福岡ソフトバンクホークスの勝敗です(地元球団が有る所は同じかな?)。別の同じスポーツの同好者同士ならばアビスパ福岡等もあるかもしれませんが、固有名詞無しで語られるぐらい福岡ソフトバンクホークスは福岡市民に浸透しています。でも多少の負けは許しますが、大連敗やBクラス転落を許さない気質は、西鉄ライオンズの時代から引き継いでいます。

28.福岡市の風習
 今の若い人たちはあまり知らないと思いますが、祝い事やお祭りで歌われる「博多祝い唄」と手拍子の「博多手一本」は覚えておいた方がいいと思います。特に博多手一本は「一本締め」とは全く違いますので、特に社会人となって博多手一本と言われて、一本締めをやってしまうと大恥をかくだけでなく、その場の雰囲気を完全に壊してしまいます。福岡市に転勤で来られるサラリーマンの皆様は特に大事ですよ!(知りたい方は検索してください)

29.校歌
 福岡市の学校の校歌には、「背振」と「玄海」がほとんど入っています。背振は博多区・中央区・南区・早良区・城南区。玄海は南区・早良区以外の各区です。どこの地域でも似た傾向は有ると思います。

30.高校のレベル(受験の)
 一般的には高校は私学の方がレベルが高い傾向があると思いますが、福岡市では公立の方がレベルが高いです。ベスト3は修悠館・福岡高校・筑紫丘高校で、それに続いて私学の大濠高校・西南学院高校と並びます。
 私は筑紫丘高校を落ちて大濠高校に行きました。

31.知ってて損はない地名の読み方
 難解な地名は何処にでもあると思いますが、福岡市の難解地名を集めてみました。(町名から消えて学校や公民館の名前として残っているものを含みます。また「原」が付く地名は別にまとまます。)
馬出・席田・立花寺・曰佐・雑餉隈・別府・入部・日向峠 読めましたか?
まいだし・むしろだ・りゅうげじ・おさ・ざっしょのくま・べふ・いるべ・ひなたとおげ です。
 次に難しいのは「原」の読み方です。
東区唐原(とうのはる)・早良区原(はら)・早良区椎原(しいば)・早良区生の松原(いきのまつばら)・南区柏原(かしわら)・南区桧原(ひばる)・西区今宿上ノ原(いまじゅくかみのはる)・西区女原(みょうばる)・西区北原(きたばる)・西区桑原(くわばら)・西区北原(きたはら)・西区宇田川原(うだがわら)・那珂川町柚原(ゆずばる)・糸島市前原(まえばる)・糸島市平原(ひらばる) 等々

32.「七」の読み方
 福岡で「七」は、多くの人が「ひち」と読みます。世代での差はあると思いますが、PC等でかな入力して変換する時に悩む読み方です。

33.「来」の使い方
 福岡では「行く」ことを「来(く)る」と言います。また、「来る」ことを「来(こ)んね」とどちらも「来」の字で表現しますので、博多弁の流れに沿って判断する必要があります。
例1.「今からそっちさい来(く)るけん」・・・「今からそちらに行きます」
例2.「今からそっちさい来(き)てもよかな」・・・「今からそちらに行っても良いですか」
注:「来る」を行くという意味で使うのは話し相手の所に行く場合で、「病院に行く」「買い物に行く」には「来る」は使いません。
例3.「こっちさい来(こ)んね」・・・「こちらに来ませんか」
例4.「よう来(き)んしゃった」・・・「よくお出でになりました」

34.福岡の丁寧語
 福岡で目上の人の行動に対して決まった丁寧語がありますが、これも知っておいた方が良い言葉です。
 「しゃー」「しゃった」の二つです。(上記の33でも出しています)
例1.先生がきよんしゃ-ばい。→先生が来られるみたいですよ。→同格では「あいつがきとようばい」となります。
例2.先生が昼飯を食べよんしゃったばい。→先生が昼飯を食べられていましたよ。→同格では「あいつが昼飯を食べよったばい」
例文は幾つもありますが、こんな感じで使い分けています。


まだまだありますが、今日はこの辺で終わります。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック