ミゾソバ

ヤマミゾソバで悩みましたが、自分で命名して納得しています。
それじゃ、普通のミゾソバって何なのでしょうね?
まず第一は平たん部(福岡が基準です)で見ることができれば、ミゾソバかオオミゾソバ。葉柄に大きな翼が無ければミゾソバでしょう。かといって山間部でも見ることができますので、そんな時に悩みますね。

画像


画像


そんな事を考えながらミゾソバを見ていると、葉の特徴で気が付いたことがあります。
ミゾソバって、他のミゾソバの特徴を持った葉が多く見られるということ。ただ、深いくびれは無いみたいですね。
スマン!スマン!と言いながら、葉っぱを集めてみました。

画像


普通はこんな感じですね。

画像


特に気になったのが左上のタイプです。くびれも基部のでっぱりが無いんです。そんな葉っぱは良く見ることがありますが、上部の葉ではなく全ての葉が同じなんですね。

画像


画像


ヤマミゾソバに近い葉も有りますよね。

画像


こんな変化が固定して、種名が付けられていくのでしょうか?

花序の付き方はどうなのでしょうか?

花序柄が真っ直ぐに伸びて最初の花を付けます。

画像


上部の分枝で次の花序柄が出てきていることと、下からも花序柄が分かります。良く見る姿は上の二つと下の一つが咲いている姿でしょう。

画像


ところが、皿状の托葉が有る所からは次の花序柄が出てきます。この姿を見て普通のミゾソバとは違うのでは?と悩むことがあります。

画像


画像


花序柄は多い時で4~5個有るようです。でも花が一番綺麗なときは3つのようです。

また花序柄には腺毛が有ることが多いのですが無いこともあります。
これは普通にある写真です。メチャ多いものもありますし、先端の丸い部分が無いものもあります。特に毛濃いいものは別じゃないの?と感じますが、それも普通のミゾソバの内としておきます。

画像


タデ科の区別をする時に、托葉は大事な所ですが、ミゾソバと同じような花なら、さや状托葉で悩まない方が良いでしょう。

画像


茎に棘が有りますが、触って分かる程度で見た目で分かるような棘ではないようです。

画像


ダラダラと書いてきましたが、身の回りで見ることができるのは、普通の「ミゾソバ」

そして、山間部や林内や7月頃から咲いているミゾソバを見つけたら、悩みましょうね!?
何故悩むの?
ミゾソバは山間地(標高600m以上)でも見られます。
ミゾソバは明るい所で多く見られますが、ほとんど陽の当たらない所でも咲いています。
ミゾソバはその年の気象条件で、1月(嘘じゃ無いよ!一度確認しました)や6月に咲くことがあります。

ミゾソバというマイナーな可愛い花。あまり研究がされていないようです。

この記事へのコメント

おじじ
2017年10月31日 22:23
自分の住まいは意外と都会ですが、住民の保護でせせらぎが残っており、ミぞソバのような花が咲いています。その側で、ヤマノイモの新芽だと思って掘り起こして移植したのが、育つにつれてミゾソバじゃないかと思っています。また、葉の括れが少ないのに、茎にはとげも無いので、継子の尻拭いではない感じです。ただ、十月に入って音が生き残るだろうと思っていましたが、ミゾソバだと一年草なんですね。枯れるまで、大事に育ててみようかと思います。

この記事へのトラックバック