私のデジ亀



いやーーー!目黒のおじいちゃんものばらさんも一眼デジを持ってるなんて、以外というかビックリしました。
ブログを始めた時からソニーのサイバーショットのシリーズを使ってきたぽんぽこです。
私的にソニーという企業の遊びの精神が好きだったんですよね。ウオークマンもそうですが、気軽に楽しくするにはどんなアイテムが必要かな?って感じで色んな機種を出してきました。

そんな中で最後の遊び心満載のデジ亀が、DCS-H3とDCS-H10ですね。この2機種は中古市場で一万円ぐらいなので、壊れたら買い替えをしています。ところがDCS-H10も壊れてしまい、次に買ったのが新製品のDCS-W570です。これはワイド機能を目的に買いましたが、使っていて楽しくは無いです。
花や滝の写真を写しているのはDCS-H3です。
この子は、コンデジなんですが、レンズ交換と絞が2通りしかないことを除けば、一眼に匹敵する機能を持っています。ISOも100~3200まで、シャッタースピードも30秒解放~1/2000秒まで。ただちょっと古いので画素数は800万画素なんですが、これをマニュアルで写せば、私が思ったシーンを切り取ることが出来ます。
ソニー以外のコンデジも使ってみましたが、一番私が写したい姿を残してくれるのは昔のソニーです。でも、この子たちは扱いにくいでしょうね。オートで撮影すると、とんでもない写真になります。

DCS-H3の普段の姿です。コンデジだからタッパーの中に入れて、水を恐れずに滝に行くことができます。

画像


スイッチを入れると・・・・・

画像


野の花を写している時のデジ亀です。

滝を写す時はスローシャッターが好きなので、フィルターを装着します。

画像


これにフードを付けると、遠目には一眼ですよね。

画像


このデジ亀は光学10倍なのですが、テレコンバーターも装着出来ます。私が持っているのは1.7倍ですから、合わせると17倍まで行けますね!昔のフイルム写真の200mmを越えますね!

画像


前にも言っていますが、「一眼に負けるな!」。これはソニーの遊び心溢れる人たちが、コンデジでもここまでできるんだぞ!いう意気込みで市場に送ったんでしょうね。でも評価は低かったみたいです。私は昔のソニーの「楽しい!」を市場に送る気持ちが好きです。普通の商品を出すのでは無く、やっぱりソニーだねという商品を出して欲しい今日この頃です。

今のデジ亀が悪いとは言いません。でも、写真を写していて楽しくないんですよね。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック