ヤマミゾソバ・・・??

前のブログで、のばらさんから「ヤマミゾソバ」の名前を頂きましたが、どうしても決められないんですよね。
こんな事で悩んでいるのは私ぐらいなんだろうけど、同じような姿で微妙に違うのが多すぎる!
前のミゾソバの最盛期の写真は下記に掲載しています。
http://sasurai-bito.at.webry.info/200809/article_14.html

微妙な違いの中で、明らかに違う群との対比をしていきましょう。

一番に気づくのが花序が分枝する所の「皿状托葉」の有無です。
前に紹介したミゾソバをタイプ1、皿状托葉が無いものをタイプ2として比べていきます。

タイプ1

画像


タイプ2

画像



次の違いは花序の茎の腺毛の付き方です。

タイプ1

画像


タイプ2

画像


個体差と言いたいけど、咲いている群落で明らかに違っているんですよ。


今日、気が付いた微妙な違いです。
葉柄の下に付いている棘の向きが違うんですよね。

タイプ1
写真左上を見て下さい。上向きに付いています。

画像


タイプ2
棘が多く、下向きに付いています。

画像


上の写真ではさや状托葉が不完全な形で付いていることが分かります。
タイプ1と比べてみましょう。

画像


特に差は無いようです。そして茎に下向きの棘があることが分かります。


葉っぱのどうでしょうか?

タイプ1(この子は、毎年我が家でも育てていますが種が出来ません)

画像


タイプ2

画像


特に差は見られませんね。

葉っぱの表裏に毛が生えています。これもどちらも同じです。

画像


さてさて・・・・。ヤマミゾソバってどれなんだろう?タイプ2が一番近いみたいですが、それじゃタイプ1はどうなるの?更に葉の形が違う群落や、花の先端がピンクではなく全体が真っ白かピンクという群落。参考にしている「シデコブシ」という文献も、ミゾソバを採取した場所に板屋峠付近が多いのですが、この子たちは正しくそこの花たちです。

この記事へのコメント

2012年08月16日 10:41
ぽんぽこさんの夏の課題にはもっとも適した題材でしょうか・・
私はこうなるとお手上げです。
参考になる素材もありませんしね~((((^Q^)/
加えて上高地で見せていただいた
ミヤマタニソバ にも@@目を瞠りました。
種間の交雑などあるのでしょうか・・・
三瀬峠の真ん中あたりの林縁でも??なのを見たことが・・
図鑑に載ってる基本形ならまだしも~~
変化にとんだ個体差になるとお手上げです((+_+))
ぽんぽこさんの美しいタデ科のお花にはうっとりです。

サクラタデの葉っぱが枯れてきてるのですが・・
こんな場合どうしたらいいのでしょう。
シロバナサクラタデは大丈夫なんですけど・・
同じ環境の鉢植えです。今年もサクラタデは少ししか見られない?
私です
2012年08月19日 21:10
のばらさん、いらっしゃいませ。
学生なら夏休みの自由研究でいいのでしょうが、仕事をしていると、なかなか詳しく見ていくことが出来ませんね。でも、この二つが似て非なる事は分かっててくれますか?ヤマミゾソバの基本型を知りたいですね。
ジロバナ君は私の地域では普通の田んぼの雑草として生息していますが、サクラ君は限られた場所でしか咲いていません。どちらも種が出来た姿を見たことが無いので、どうやって繁殖していったか、不思議な花です。間もなく咲くと思いますので、我が家の花を含めて紹介していきますね!
八峰
2012年10月18日 21:42
ヤマミゾソバに関心を持つ者です。数年前からミゾソバに似て非なるものとして何だろう々と疑問に思っていました。つい最近、ヤマミゾソバの存在を知りました。私は高尾の小下沢谷で写真に納めていますが、平凡社の「日本の野生植物Ⅱ 草本 離弁花類」に記載されておらず、辛うじて保育社の「原色日本植物巣鴨 草木編Ⅱ・離弁花類」に記載されているのと、本種が高尾で発見されたため「高尾・奥多摩植物手帳」に記載されている程度だと思います。いづれにしろ専門情報は皆無に近いと思います。
本題に戻りますが、私の資料では花柄、茎の刺は下向きでした。托葉は両タイプありました。ミゾソバの托葉はタイプ2、オオミゾソバはタイプ1なので、托葉は本種の識別ポイントとしては使えないのでは・・・・。
刺は下向きが前提で粗密がポイントではないでしょうか?
私はスミレが専門ですが、タデはスミレのように識別ポイントの体系がはっきりしていないと思います。
識別ポイントは「葉の形(葉の巾が広い(卵状三角形)、刺が少なく、節間が長く、葉柄に翼がない」等で私は識別しています。
最近ブログを始めたので近いうちにミゾソバを作成していますのでご覧ください。
URL : http://yatsuga103.blog54.fc2.com/
私です
2012年10月20日 19:00
八峰さん、いらっしゃいませ。
ヤマミゾソバにつきましては、ブログ仲間のnobaraさんのところで、その特徴を持つ種が紹介されていましたので、このタイプはヤマミゾソバでは無いと確信しました。
それじゃ、なんだ?という事になりますので、私が勝手に「ツクシヤマミゾソバ」と命名した所です。ミゾソバの仲間に興味があれば、テーマの「タデ科」から私のブログをご覧ください。
私です
2012年10月20日 19:07
八峰さんへのコメの続きです。
ブログを拝見して来ました。葉の特徴もですが、側花序柄が短いというのが、ヤマミゾソバの一番の特徴ではないでしょうが?4枚目の写真にその特徴が良く出ていますね。
ミゾソバは葉の形で区別しようとしたら、訳が分からなくなります。

この記事へのトラックバック