秋ですね!

きょうは我が家の稲刈りでした。農家の言葉で「秋が終わった」というのがありますが、これはお米の収穫が終わったということなんですね。
きょうは秋晴れの空の下での稲刈りでした。
コスモスも秋を楽しんでいます。

画像


稲刈り前の田んぼです。

画像



秋の野の花はタデ科でしょ!と、ちょっとしつこいですが、この子たちを紹介するのはぽんぽこぐらいだと、頑張ってみましょう。

午前中じゃなきゃ花が開いた姿を見ることが難しいのが、ミズヒキですね。

画像


画像



ヤノネグサも可愛い花を見ることは少ないかな?

画像


アキノウナギツカミも花が開いているのを見るのは午前中かな?

画像


タニソバは探してみると何処にでも咲いているみたいですが、花が地味なだけに気が付きにくいですね。同じような名前のミヤマタニソバとはまったく違う姿のタデです。

画像

この記事へのコメント

2011年10月13日 11:09
秋真っ盛りですね~
秋が終わりましたか、稲刈りお疲れさまでした。
タデ科の花も盛りですね~ほんとに可愛いです。
先日、阿蘇の野草園の奧の林側を探索しましたら
入り口にヤマミゾソバの群生に出逢いました。
葉っぱの付け根にまん丸な苞?(エリマキトカゲの襟巻きみたいな)
地味な花でしたがアキノウナギツカミっぽい感じでした。
少なくても純白の花が可愛かったです。
我が家のシロバナサクラタデは6月末から花を付け今も頑張っています。サクラタデは今、穂を伸ばし、その中の一つが開こうとしています。神戸の方の山野草のショップからお取り寄せしたけど、昨年は、咲かず、今年はどうにか見られそうです。でもね~どうもシロバナサクラタデのピンク版?みたいな感じなんです。樫原湿原で見たサクラタデとは随分様子が違うのですよ。なんだかな~ってガッカリしています。でも花には罪はないから愛でてあげますけどね~
2011年10月20日 13:19
例年ながらお疲れ様です。やっぱタデ博士の意気軒昂ですね。よろしくお願いします。
東日本は放射能検査でどこもバタバタしています。たまにスーパーなどで九州産のお米を見かけますがすごい人気です。地産地消が多いのでしょうが自由化で都会でも全国の米が選択できるようになるといいなと思いますよ。
私です
2011年10月23日 21:45
のばらさん、いらっしゃいませ!
お返事が遅くなりました。のばらさんちのヤマミゾソバを見せていただきましたよ!可愛いですね。私のブログでは「野の花便り」でヤマミゾソバかな??とい群を紹介していますが、ミゾソバの姿は多種多様で、これだ!という決め手が無く、ヤマミゾソバという区分は諦めているところです。ただ金平糖みたいなミゾソバとのばらさんが紹介されているミゾソバは同じというには違い過ぎますよね。
それと、サクラタデは肥沃な湿地が大好きなようです。根が十分に張れて、肥料分も多いと見事な花を咲かせます。プランターではちょっと無理があるのかも知れません。我が家の花たちも年々花が付きにくくなっています。
私です
2011年10月23日 21:52
目黒のおじいちゃんさん、お久しぶりです。
東北や北関東は風評被害を含め、農産物の販売に苦慮しているようです。国の政策の行き当たりばったりに、憤りさえ感じます。今、何が最優先なのか分らない与党の皆さんと、揚げ足取りの野党の皆さん。なぜ国民は、こんな政治家を選んだのかと悲しくなりますね。
放射能問題は、消費者の気持ちが分る以上に、農家の苦しみ。そして一番問題なのが米卸業者の改ざんによる、風評被害の追い討ち。
2011年10月24日 14:28
牛肉騒ぎのときもソウでしたが流通業者は安く買い叩いて大儲けを狙うのでしょうね。
過誤や故意でないのに追い詰められる生産者のご苦労は想像に絶するものがあります。
漁業者は利権があり補償もうけやすいのに農業はもっと援助しなければ日本の食未来はないと強く思いますね。ただ放射能禍に乗じてインチキで信頼を何度も裏切った農家やJAもあって消費者も被害をうけています。

この記事へのトラックバック