岩下の大滝

この滝は、その姿の全景をネット上で紹介されていない滝のようです。残念ながら私もザイルの長さが足りずに全景を見ることが出来ませんでした。

でも、木々の間から見えている滝がどんな姿なのかは確認することができました。用意した装備は30mのザイルと20mの補助ロープ。30mのザイルがあれば私が行った棚までは行くことができます。しかし、下段のところまで降りるには更に20mは必要な感じでした。20mの補助ロープは持っていましたが、垂直降下をしなければ行けないような感じでしたので無理はしませんでした。ここの全景を見るためには、50mのザイルが必要かな?それか下流の堰堤から登ってくるかのどちらかでしょう。

上段の滑滝をご覧下さい!

画像


画像


画像


上段と下段の間にある棚から下段を見下ろします。
上段が15m以上で下段が5mぐらいでしょうか?

画像



【私の思い】
滝の姿を紹介して、危険だからとルートを紹介していない方が多いように感じます。私みたいな「バカチン」が素敵な滝の姿を見たら、絶対に行きたいと思うのは普通のことだと思います。それがルートが分からずに山の中を彷徨うのは、もっと危険だと思っています。
人それぞれの技術がありますので、自己責任の中で自分が行ける滝かどうかを判断すればいいことではないでしょうか?前にぱめさんから、ぽんぽこならばと教えて頂いた滝があり、それを紹介した後にルートを公開されたくない旨のメッセージがありました。
滝を見たいという思いは、無理な行程が生じることがあります。だからこそ、そこに行き着くための危険や、比較的安全なルートは公開すべきだと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まさひたん
2008年09月21日 23:46
やっぱり立派な滝ですね。私は堰堤ルートで行こうとして、あまりにもアブがうるさく、蜘蛛の巣も凄かったので撤退しました。次回も、堰堤ルートで考えています。下段の滝を上って上段を見上げる・・・と考えていたんですが、下段を上るのも大変そうですね。
私です
2008年09月28日 18:44
まさひたんさん、いらっしゃいませ。
しばらく滝見はお休みなんですね。この滝はザイルを使って降りる方が簡単だと思いますよ。

この記事へのトラックバック

  • 岩下仙峡への案内

    Excerpt: 鹿児島県薩摩川内市入来町の岩下には沢山の滝がありますので、そこへの案内を一括してやっておきましょう。 一般的な観光場所として紹介されているのが岩下仙峡で案内板や遊歩道が整備?されています。 Weblog: ぽんぽこ racked: 2008-09-21 21:40