朝陽轟滝(平木場の滝)

鹿児島県薩摩川内市入来町平木場の後川内川支流にある滝です。
ちょっと分かりにくい所にありますが、後で詳しくルートを説明します。

川に降りると用水路から落ちてくる小滝があります。

画像


小滝を左手に見ながら上流に遡るとすぐに滝が見えてきます。

画像


画像


正面に回ってみましょう。

画像


画像


この滝は別名を「轟滝」と言うそうです。もう一つ「平子場の滝」とも紹介されていますが、その方の地名も平子場になっていますので、それは平木場の間違いでしょう。1/25000地図に地名にはカナが振ってありませんが、平木場と書いて「ひらこば」と呼ぶのかな?地元の方、よろしくお願いします。
落差は10mまでは無いみたいです。

地図です。

画像


国道328号線を北上して、途中から県道42号線へ右折してしばらく進むと朝陽小学校の前に信号がありますので左折します。500mを越えたところのカーブミラーの手前に入口があります。

画像


入口から中に入ると広場?になっていて車を停めるスペースも十分にありました。

画像


道は真直ぐにありますが、それを進むと用水路に出ます。広場に入ってすぐに二又に道が分かれていますが、滝へと向かうルートは右に曲がりますが、草に覆われていました。

画像


草を掻き分け、クモの巣を払いながら進むと、右に急斜面を降りて行く踏み跡がありますので、降りていきましょう。真直ぐ進むと最初に掲載した小滝の落ち口です。

画像


踏み跡さえ見分けることが出来れば、ちゃんと到着できると思います。



市が景観重要資産として名前を付けて整備したそうです。そんな訳で名前を変更しました。macさんありがとうございました。

市のHPから抜粋
http://www.city.satsumasendai.lg.jp/www/contents/1266887530614/index.html
『景観提案制度に基づく「景観重要資産」を指定しました。
本市景観条例において、地区コミュニティ協議会から地元地区の良好な地区や資産について、市長に提案できる制度を設けております。(景観提案制度)
この制度のうち、地区のシンボルやイメージとなっているもので、地域文化的に価値を持ち、周辺住民に親しまれている「景観重要資産」について、提案がありました。
これについて、薩摩川内市景観審議会に諮問し審査がなされ、「これを指定することは妥当である」という経過を経て、市長により「景観重要資産」として指定されましたので、お知らせします。』
平成25年4月に「朝陽轟滝」という名前で指定されたとの事です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まさひたん
2008年09月21日 16:59
鹿児島では木場は「こば」と読む場合が多いと思います・・・というより、ほとんど「こば」と読むんじゃないかな?「こば」君は結構いますが、「きば」君はあまり(ほとんど)いないような気がします。
私も、この滝は「ひらこばのたき」と読んでいます。
私です
2008年09月21日 19:00
まさひたんさん、いらっしゃいませ。
やっぱり「こば」と読むんですね。HPも修正されていたみたいなので安心しました。
mac
2013年08月27日 01:09
こんばんは。
先日ここの滝に行ってきました。

竹藪に道ができ、最初の小滝の手前に降りることができました。

滝の名称も、看板ができていて朝陽轟滝と、書いてありました。
私です
2013年08月28日 23:46
macさん、いらっしゃいませ。
ちゃんと名前が付いたんですね!ありがとうございました。
でも、こんな昔のブログをよく見つけましたね!?
mac
2013年08月31日 22:57
最近、滝めぐりに、はまってしまいましていろいろと参考にさせてもらってます。
私です
2013年09月15日 09:21
macさん、いらっしゃいませ。
滝は素敵ですが、危険も沢山!楽しく滝を巡ってください。その参考になっているなら幸いです。

この記事へのトラックバック