ぽんぽこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨が降ったら GO!

<<   作成日時 : 2017/04/10 22:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

退職して、家の仕事も、地域の仕事も無ければ毎日が自由時間!(世の中、そんなに甘くない!!)
雨が降れば農作業も無し!それじゃ滝を見に行こうと調べていると、「HP地学切手」でまだ見ぬ滝が長崎県に有る事が分かりました。そして滝の名前が観光案内で訳が分からなくなっているようです。それならば、それを踏まえた上で訪問して、解明してきましょう!

何処が訳が分からないかというと、
川棚町の「岩屋水源の森のHP」では
「この森林の中に,小井出の滝とよばれる3段に連らなった高さ27mの滝があります。その滝に向かって左側の社に水子観音と称される胸像が祭ってあり,別名,滝の観音とも呼ばれ,古くから地域住民に水神として崇められています。」
次に、「東彼杵町の観光パンフレット」では
「3段に連なった高さ27mの滝。滝の横に観音様の胸像が祀ってあり,別名,滝の観音と呼ばれています。」
滝の説明は同じですが、川棚町と東彼杵町の別々の所に有ります。東彼杵町の観光案内では地図も有りますので別滝。

名前が有る滝は、それぞれ紹介していきますが、まずは無名の滝から。

マユミの滝(仮称)

画像


株式会社マユミ砕石工場の砕石現場の滝です。地学切手の管理人さんも書いていましたが雨の日(雨後)限定の滝でしょう。落差は30m以上かな?

マユミの滝 雄滝(仮称)

画像


画像


マユミの滝 雌滝(仮称)

画像


画像


小井出の滝を過ぎて石木川沿いの道を虚空蔵山登山口へと進み、ヘアピンカーブの集落を過ぎると、最初に現れる小滝です。

画像


更に進むと三連の滝が見えてきます。
一つ一つの落差は有りませんが、ちょっと良い小滝なので名前を付けておきましょう。
虚空蔵三連の滝(仮称)
上段です。

画像


中段です。

画像


下段です。

画像


画像


画像


場所を東彼杵町の彼杵川支流川内川に移動します。
川沿いの道を進むと、用水路からの落水と思われる滝が有ります。落差は10m近く有るかな。

画像


更に進み、川内郷に入ります。
木場(こば)橋の所から滝が見えています。(真ん中の暗い所です。下の写真では分かりませんが、目で見ると見えます)

画像


この滝も良い滝なので名前を付けておきましょう。
川内の滝(仮称) 落差 5m

画像


画像


更に進むと右手に滝らしき姿が見えてきます。前を見て運転していない証拠ですね。滝までは道は有りますが、普通車では無理です。

画像


農道から見える姿ですが、もしかしたらとんでもない落差を持っているかも?

雨の日限定の滝と思いますが、良い無名滝にも出会えました。今回は福岡をお昼に出て午後5時までの訪問でしたが、まだまだ滝が有りそうな雰囲気が一杯の所です。長崎県の滝の紹介は少ないみたいなので、頑張ってみようかな?

と言いながら、気持ちは宮崎に向いています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨が降ったら GO! ぽんぽこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる