ぽんぽこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大飛の滝

<<   作成日時 : 2017/02/26 11:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

大分県宇佐市院内町の岳切渓谷に有る大飛の滝。
この滝は滝巡りを始めた頃に訪問して、落ち口からの姿しか見ておらず、正面からの姿をいつか見に行かなければと思いながら、月日が経ってしまいました。
http://ponpoko.at.webry.info/200801/article_12.html
この時に感じた落差は10〜14m。公式落差は27mです。これを確認する為の訪問でもあります。

駐車場から30分ほどで滝に到着!素敵な滝に感激です!!

画像


画像


画像


素敵な滝ですが、やっぱり15mの落差は無いという感じです。
滝の右側の下に岩が飛び出している所が有ります。この高さが分かれば概ねの落差が分かると思います。

まずは左側から。

画像


そして右側へ。

画像


画像


画像


画像


飛び出した岩の下まで行って高さを確認しました。メジャーは持っていませんでしたが、概ね3m〜3.5mです。
滝の落差はこの概ね4倍。という事は12m〜14mですね。

大飛の滝へのルートです。
大分自動車道の玖珠インターで降りて国道387号線を北上します。日出生ダムを過ぎて岳切渓谷への案内も通り過ぎて、温見野集落を過ぎると、大飛の滝への案内が現れます。

画像


奥鍋集落への入口です。

画像


今回はこちらから入りましたが、集落内の急カーブは軽自動車でも2回の切り返しが必要でした。普通車は無理かな?滝に行くときは中鍋方面の入口から入りましょう。
林道の所々に滝への案内があります。

画像


画像


林道は離合できる広さは有りませんが、新しく離合場所が造られているようです。
そして駐車場に到着です。駐車場は温見川が二又に分かれた間に作られています。コンクリート舗装がされた5台以上の車を停める広さが有ります。

画像


画像


遊歩林道の入口に石碑が有ります。

画像


2016年8月に南院内さとづくり協議会の皆様が、整備されたみたいです。ありがとうございます!
これ以前の訪問記録は、倒木が進路を阻むとされていますが、倒木も撤去され歩きやすい遊歩林道になっていました。
入口です。

画像


危険な所には梯子が設置されています。

画像


画像


そして休憩用のベンチも設置されていました。

画像


画像


更に進みます。

画像


ぱるさんが倒木が厳しいと書いておられたのは、この辺かな?

画像


画像


狭い岩の間を越えます。

画像


ここを過ぎれば滝まで7分程度です。

画像


最後の坂を登りきると滝が見えてきます。

画像


ここまでの時間は写真を写しながらで26分でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とてもおひさしぶりです。
仕事仕事その他、、、という感じで
滝巡りもHP の更新もできず(^^;
久々にぽんぽこさんのところを訪ねてみたら。


倒木が酷かったのはまさにそのあたりだったと記憶してます。

ということは、自分が訪ねた時についてた真新しいピンクリボンは遊歩道整備のためのものやったんですねえ。
地元の方々のご尽力に頭が上がりませんね!
ぱる
2017/07/22 23:08
ぱるさん、いらっしゃいませ。
ぱるさんが訪問した時と比べると見違えるほどの整備具合でしょ!
真夏の猛暑の中の滝巡りは、暑いだけでなく虫にも悩まされます。近場以外は秋まで待った方がいいかも?
私です
2017/07/29 13:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
大飛の滝 ぽんぽこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる